090-4902-1397

info@yugeshima.com

Flow thin wheat noodles! 流しそうめん!

Flow thin wheat noodles! 流しそうめん!

  • Wood craft member, Nakayama san gave me big help to cut and process big bamboo for this event. Hamanami san helped us to remove nodes carefully the day before.
  • Hamanami san and Mika san helped to prepare this event before starting. Put roof with mesh to make shade, set tables, bamboo tools and chairs. Thank you for your big help!
  • Many people joined us one after another. Onishi san and her daughters, Kokoha chan and Rina chan enjoyed controlling water stream, flowing thin noodle and eating. I am sorry but they had to leave early. Subsequently, Dave and Mika san’s guests from Toon city and America joined. American family went to beach in front of our house after eating. Meeting their request, I borrowed my bathing suits to an American and Ami san and they enjoyed swimming in the ocean.
  • Mr. Tokuma and Mr. Nakatsuji respectively adviced me modification of bamboo for this usage. I will improve it next year.
  • Maki san who came from Toon city run agriculture company and grow rice and wheat. They said generally rice is main and wheat is sub, but they are opposite. I heard many interesting story about wheat business. I hope to visit their farm at the time we can grow wheat stably somehow.
  • Aoki san, Keiko san and her children, Go kun and Koko chan enjoyed swiming and cleaning bamboo channel even if they didn’t eat noodles. I told her I can rent the kit for their event if they want to use.
  • Dave brought and showed us old zen receipe book which was published in 1969. He used to cook by himself accorking to it. Keiko san was interested in it very much.
  • It was very interesting day for me. I believe visitors too.
  • このイベントのために、木工クラブメンバーの中山さんが、大きな竹の切り出しや加工をかなり手伝ってくれました。浜浪さんが、節を取り除くのを手伝ってくれました。
  • 流しそうめんは、たくさんの方々が次々と楽しみました。大西さんと娘のここはちゃんとりなちゃんは、流水調整担当、そうめん投入担当、そして食べるのを楽しんでました。残念ながら大西さん家族は早く帰らなければいけませんでした。続けて、デイヴとみかさんのお客さん、東温市からいらした麦農家さんとそのご友人で、元大使館で働いていたというアメリカからいらしたご家族が加わりました。食事の後、アメリカ人家族は、うちの前の浜辺に出かけて行きました。リクエストに応えて、アメリカ人の女性とあみさんに水着を貸して、みなさん海で泳いで満喫していました。
  • 徳間さんと中辻さんが、それぞれに、竹の加工方法についてアドバイスしてくれました。来年改良したいと思います。
  • 東温市からいらした牧さんは、米と麦の農家さんです。一般に米が表、麦が裏作ですが、彼らは逆だといいます。麦ビジネスについて面白いお話をたくさん伺えました。何とかして麦を育てられるようになったら、農場を訪ねたいと思っています。
  • 青木さん、けいこさんと子供たち、ごうくんとここちゃんが泳ぎに加わり、食べてもいないのに子供たちが竹の片づけも手伝ってくれました。もし使う時があれば言って下さいね、流しそうめんキット一式お貸ししますよ、けいこさん!
  • デイヴが1969年出版の、マクロビオティクスのレシピ本を見せてくれました。かつてデイヴはこの本に従って自分で料理していたとのこと。けいこさんはとても興味深そうにしていました。
  • とてもおもしろい一日でした。皆さんもそうだったらいいな~。